液体生検

超高感度、低コスト

cfDNAによる疾患モニタリングの感度と対象範囲

疾患の進行と耐病性のモニタリング研究では、感度を損なうことなく低コストでの検出が必要となります。MassARRAY® Systemは、対立遺伝子頻度がわずか0.1%の変異を低コストで検出できるため、疾患のモニタリングに最適です。

液体生検は腫瘍細胞およびDNAへのアクセスが容易ですが、十分な試料が得られないことがあります。血漿1mL中に循環腫瘍DNA(ctDNA)のコピーはわずか数個しかないため、複数の検査を実行して新たな耐病性マーカーをすべて検出する余裕はありません。マルチプレックスが可能なUltraSEEK®ケミストリーなら、1回の採血によるcfDNAを使用し、挿入や欠失を含む100以上の変異を容易に検出することができます。

サンプル要件

血漿や循環セルフリーDNA、循環腫瘍細胞など、様々なサンプルから単離したDNAを使用します。

反応あたりの
DNAインプット:

≥10ngまたは≥3,300コピーの増幅可能なテンプレート
カスタムアッセイデザイン

新しいことは必ずしも難しいこととは限りません。必要な内容を用いてすぐに検査を始めましょう。お客様が自社でカスタムパネルを作成するか、Assays by Agenaの科学者がカスタムリサーチに使用するアッセイを設計・開発し、機能検証を行うサービスもご利用いただけます。アッセイは、対象となる生殖細胞系列または体細胞ジェノタイピング、転座、コピー数変異などに合わせて開発が可能です。

カスタムアッセイの詳細はこちら

高額なNGS試薬は、研究室にとって負担になりがちです。

MassARRAY® Systemなら、サンプル当たりの価格を最も低く抑えることができます。

節約できる金額を計算