サンプルの完全性

サンプル識別・品質評価

サンプルの同一性を検証し、DNAの品質を正確に評価

調査によると、誤って識別されるサンプルは200個につき1つの割合で、それにより間違った結果が導き出される可能性があります。ダウンストリームのNGS解析はコストがかかり、DNAの品質が低いためにサンプルが利用できなければ、分子レベルの結果を得るための費用も機会も無駄になります。研究所は、エラーを防止してサンプルの品質に基づき選別するために、サンプル追跡とDNAの品質測定を確実に行う必要があります。

Agenaのサンプル完全性パネルは、それぞれ遺伝子フィンガープリントとDNA品質を測定し、以下のことを確認します。

1. 正しいサンプルかどうか。

遺伝子フィンガープリントを比較してサンプルを識別します。研究所の外で起きるミスも防ぎます。

2. サンプルが正しいソースからのものかどうか。

自動分析によりプロファイルを比較し、サンプルが指定のソースからのものかどうかを確認します。組み込まれた分析アルゴリズムが、腫瘍/通常比較におけるヘテロ接合性の喪失を計上します。

3. DNAの量がダウンストリームの解析に十分かどうか。

サンプル内の増幅可能なコピー数を正しく定量化します。DNAの品質に基づき、最良のダウンストリーム解析を判断します。

 

お求めのものが見つからない場合は、

当社のカスタムアッセイサービスをご利用ください。

Assays by Agenaの研究者がカスタムリサーチに使用するアッセイを設計・開発し、機能検証を行います。アッセイは、対象となる生殖細胞系列または体細胞ジェノタイピング、転座、コピー数変異、およびメチル化プロファイリング向けの開発が可能です。

カスタムアッセイの詳細はこちら

高額なNGS試薬は、研究室にとって負担になりがちです。

MassARRAY® Systemなら、サンプル当たりの価格を最も低く抑えることができます。

節約できる金額を計算