腫瘍プロファイリング

迅速かつ低コストの腫瘍プロファイリング

体細胞変異を迅速に低コストで検出する標的アッセイ

精密腫瘍学の研究では、素早く低コストで実用的な体細胞変異を検出する必要があります。検体の量が限られ品質が低いために、腫瘍サンプル中の少量の体細胞変異を確実に検出することは困難になりがちです。腫瘍の含有量が高い検体を必要とする技術もあり、一般的に癌細胞含有率とDNA収量が低いために使用できないサンプルは20%にも達します。

MassARRAY® Systemの1デイワークフローとマルチプレックス解析なら、臨床的に有益な変異情報を素早く低コストで入手することができます。高感度のiPLEX® HSケミストリーは、少量のサンプルから対立遺伝子頻度わずか1%までの臨床的に有意な変異を検出することができます。

サンプル要件

血漿や循環セルフリーDNA、循環腫瘍細胞など、様々なサンプルから単離したDNAを使用します。

反応あたりの
DNAインプット:

≥10ngまたは≥3,300コピーの増幅可能なテンプレート
カスタムアッセイデザイン

新しいことは必ずしも難しいこととは限りません。必要な内容を用いてすぐに検査を始めましょう。当社のデザイン済み肺パネル、結腸パネルおよび黒色腫パネルは、オンデマンドでご注文いただけます。カスタムパネルについては、独自のアッセイを簡単に作成していただくか、当社のカスタムデザインチームがお客様をサポートいたします。

カスタムアッセイの詳細はこちら

高額なNGS試薬は、研究室にとって負担になりがちです。

MassARRAY® Systemなら、サンプル当たりの価格を最も低く抑えることができます。

節約できる金額を計算