高いマルチプレックス機能と
サンプルあたりの低価格を実現

極めて高い費用効果と柔軟性を持つMassARRAY Systemが、
非常に複雑な分子検査を効率的に行う研究所のニーズに応えます。 サンプルあたり10個~100個のマーカーを標的とし、より複雑なケースのためにNGSに必要なリソースを
節約することができます。

節約額を計算

1NGS装置のコスト

2NGS年間装置サービス契約:

3サンプル数(年間):

4ライブラリ調製用消耗品のコスト(サンプルあたり):

5シーケンシング用消耗品のコスト(サンプルあたり):

AgenaのMassARRAY技術を導入して削減できるコスト総額:
  • 年間節約額:526,940.00ドル
  • 5年間の節約額:2,634,700.00ドル

より詳細な分析をご利用いただけます